忍者ブログ
Macintosh強化計画 iPodやWindowsの情報も
[22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


筆者はHD-HB250IBU2という
バッファロー製の外付けハードディスクドライブ(HDD)を持っている。
(先を見越して買ったFireWire800との互換性は
未だ日の目を見ていないのだが…)

◆◆◆◆◆

で、このバッファローの外付けHDDなのだが、
PC/Macの電源やスリープに応じて電源が連動すると
パッケージに明記されていたにもかかわらず、
以前メインで使っていたiMac G4の場合、
その機能はUSB2.0で接続したときにしか有効にならなかった。
FireWire400接続でスリープには対応しているのだが、
iMacの電源を切ってもHDDは回転が止まりこそすれ、
常時電源は入ったままで筆者はしばしば消し忘れていた。

◆◆◆◆◆

同様の話はMac miniにLacieやGreen HouseのHDDをFW接続し
起動ディスクとしている人のレビュー等でも何度か目にした。
筆者はそれを読んで、電源の非連動はPowerPCのチップセットでの
FW400の仕様なんだろうと勝手に納得していた。
ところが先日届いたMacBookに接続したところ、
FireWire400で接続した場合でもUSB接続同様
本体電源オフにHDDが追随してきたのである。
これは本体のHDDをアップグレードするまでの暫定措置として
自宅ではMacBookとHDDを繋ぎっ放しの筆者にとっては
非常にありがたいアップグレードである。
また前述の様なMac mini外付けHDD起動派の方には、
更に朗報なのではないだろうかと思う。

◆◆◆◆◆

ただこれは逆に3G以前のiPodユーザーには
FW接続による優位性がまたひとつ減ってしまったように思う。
というのもFWでiPodを接続すれば、
本体の電源がオフでもiPodを充電することができていたのだ。
MacBookで検証したわけではないが、
本体電源オフで使えなくなってしまった可能性は高い。
だが仕方が無い、これがIntelのチップセットを使った結果なのだ。

或いはiPodのUSB以降はこれが理由なのかもしれない。
PPC時代に比べIntel MacはUSB2.0が格段と速くなり、
FW400の速度を理論通り上回っている(前は遅かった)。
つまり4G以降のiPodはUsed On Intelをコンセプトにしたのでは…
…考えすぎだろうか。

◆◆◆◆◆

ともかくもMacと一緒にHDDのランプも綺麗に消えてオフになるのは
後ろのスイッチを押さなくて済むだけなのに非常に嬉しかった。
それにしてもHD-HB250IBU2の横置きゴム足どこに行ったのかなぁ…(ひとりごと)
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
外付け HDD
最近パソコンの調子が悪い。しょっちゅう固まっちゃうし、訳の分からない英語が出てきてどうしろって言うの?そもそも今のパソコンのHDD?ハードディスクの大きさが小さいらしく空いているところがないんだって。新しいパソコンが買いたいんだけどお金もないし。ノートパソコンにはHDDを増やすことは出来ないんだって。そうだよね、あんなに小さいのに入るとこ無いもんね。だからせめて外付けのHDDが欲しい!外付けのHDDなら最近は結構安くなっていて一万円も出せば今のパソコンの何倍も大きい
WEBLINK[URL] 【2007/02/11 20:58】


忍者ブログ [PR]
お知らせ by Google
登録ランキング
クリックして応援していただけると助かります。
にほんブログ村 PC家電ブログへ
人気blogランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】へ
人気ブログ検索 - ブログフリーク
プロフィール
HN:
コウタロウ
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
音楽・テニス
自己紹介:
Windowsいっぱいの大学の中でMacを愛する大学生の筆者がMacに関する情報をレポートします。
RSS
お使いの環境に合ったRSSをご利用ください。
バーコード
Google検索
Google
Web このブログ内
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30